cut

新着NEWS

2014/09/05
伐採に使う器具を更新。
2014/09/05
悪徳業者に要注意 を更新。
2014/09/05
林業について を更新。
2014/09/04
より良い木に、間伐 を更新。
2013/01/01
植え付け を更新。
2013/01/01
草刈り を更新。
2013/01/01
庭木の剪定 を更新。
2013/01/01
業者に頼むメリット を更新。
2013/01/01
伐採の必要性 を更新。
2013/01/01
木に住み着く虫 を更新。
2013/01/01
腐葉土の作り方 を更新。
2013/01/01
木を切る季節 を更新。
2013/01/01
自分の力で伐採を を更新。
メインビジュアル

植え付け

伐採を行い、切り取った木材ですが、これを利用してきのこの栽培をすることが可能です。これを、植え付けといいます。

伐採業者に頼むか、もしくは自分で伐採した木材は、使い道がなければ単なるごみになってしまいます。しかし、再利用方法として、小さく切った丸太を利用すれば、様々なきのこを育てることが出来ます。
店で市販されているものは、木のおがくずで栽培されています。しかし、丸太を使って栽培したきのこは、店で販売されているものとは違い、自然に生えている品質のものを作ることが出来ます。また、菌の植え付けは栽培施設もないので気軽に行えるのも魅力です。

何の菌を育てるかで、使用する丸太は大きく変わります。
例えば、しいたけを育てたいのであれば、コナラやクヌギの木を原木とし、菌の植え付けを行います。余談ですが、松茸の人工栽培は現在の技術では不可能であり、もし人工栽培に成功した場合、世界を驚かす大ニュースとなります。

また、収穫時期は基本的に秋であり、半年もすれば基本的に収穫が可能になります。

栽培の時に気をつけなければならないのは、害虫や乾燥に気をつけなければならないということです。苦労して育てたきのこは、店で買うよりも手間がかかりますが、感動を味わうことがdけいます。