cut

新着NEWS

2014/09/05
伐採に使う器具を更新。
2014/09/05
悪徳業者に要注意 を更新。
2014/09/05
林業について を更新。
2014/09/04
より良い木に、間伐 を更新。
2013/01/01
植え付け を更新。
2013/01/01
草刈り を更新。
2013/01/01
庭木の剪定 を更新。
2013/01/01
業者に頼むメリット を更新。
2013/01/01
伐採の必要性 を更新。
2013/01/01
木に住み着く虫 を更新。
2013/01/01
腐葉土の作り方 を更新。
2013/01/01
木を切る季節 を更新。
2013/01/01
自分の力で伐採を を更新。
メインビジュアル

庭木の剪定

草木の剪定は、園芸において非常に重要な作業です。

庭の植木から生け垣、農作物から盆栽に至るまで、園芸に関するありとあらゆるものは剪定をしなければなりません。
剪定をすることにより、古き樹の枝を切除して、木全体を若返らせることは可能です。他にも、樹全体の風通しを良くしたり、実がなる木の場合は、余計な枝葉を切除することで、栄養を行き渡らせることが出来ます。よって、剪定作業というのは非常に重要な作業なのです。

しかし、剪定を行うには、時期というものがあります。例えば、花や木の実がなる木の剪定時期ならば、実が熟し、落ちてきた頃が剪定の時期です。この時期に剪定をすることで、寒い時期ですが日あたりと風通しが良くなり、次回の実や花が育ちやすくなります。

剪定の方法ですが、根本から切るわけではありません。余計な枝だけを切り取っていきます。
例えば、横に伸びず、縦に伸びてしまった立ち枝、枝同士が絡みあってしまったからみ枝です。これらは、木そのものの外観を損ねてしまいます。他にも、樹の根元から生え始め、害虫の温床になる胴吹き枝や、真上に突き抜けるように生えた徒長枝など、木そのものに危害を及ぼす枝も存在します。

こういった枝を剪定する時、気をつけなければならないのは、切る必要のない枝も切ってしまうことなのですが、初めて剪定するときにはよくわからないものです。
そんな場合は、本やインターネットの知識を利用して剪定するか、業者さんに依頼をして伐採してもらうことをおすすめします。
特に伐採業者は、業者によっては害虫駆除をしてくれたり、木の外観をきれいに切りそろえたりもしてくれるので、自分でするということにこだわりがなければ、ぜひ依頼しましょう。