cut

新着NEWS

2014/09/05
伐採に使う器具を更新。
2014/09/05
悪徳業者に要注意 を更新。
2014/09/05
林業について を更新。
2014/09/04
より良い木に、間伐 を更新。
2013/01/01
植え付け を更新。
2013/01/01
草刈り を更新。
2013/01/01
庭木の剪定 を更新。
2013/01/01
業者に頼むメリット を更新。
2013/01/01
伐採の必要性 を更新。
2013/01/01
木に住み着く虫 を更新。
2013/01/01
腐葉土の作り方 を更新。
2013/01/01
木を切る季節 を更新。
2013/01/01
自分の力で伐採を を更新。
メインビジュアル

木に住み着く虫

木は、いわば虫のマンションのようなものです。木のうろや葉っぱ、枝など、様々なところに虫が住み着いています。伐採作業の時に、思わぬところから虫が出てくることも多く、虫が苦手な人にとっては怖いかもしれませんが、虫好きな人にとっては何が出てくるかわからないおもちゃ箱のようなものです。ここでは、そんな木に住み着く虫について紹介していきます。

■クマバチ
本来ハチは、ハチの巣をつくり、そこに住み着くのですが、ハチの中にはハチの巣を作らないハチも居ます。それが、クマバチです。クマバチは、木材に穴を開け、そこに住み込みます。そして、面白いことに、削った時の削りカスを使用して仕切りを作り、幾つもの部屋を作ります。
また、誤解されがちなのですが、クマバチの性格は至って温厚であり、自分から刺しに来ることはありません。またメスのハチしか針を持っておらず、捕まえようとしない限り刺してこないので、方に止まっても蒸しすすればまたどこかに飛んでいきます。サイズが大きめであり、音もでかいので、誤解されやすい傾向がクマバチにはあります。

■カミキリムシ
リンゴの木には、カミキリムシが巣食う場合があります。
カミキリムシは、いわば、害虫です。リンゴの木などの木に穴を開け、そこに卵を産み付け、孵化したカミキリムシの幼虫は、その木を食い荒らします。よって、木にとって肌イメージを与えてくるので厄介なことこの上ない害虫ですが、カミキリムシによって利益を得る虫も大勢います。
カミキリムシが穴を開けることにより、そこから樹液がにじみ出ます。そうすると、樹液をごはんとする様々な虫がその気に集まります。カブトムシやクワガタも、そんなカミキリムシの活躍によりご飯を食べれる虫です。
虫には、害虫と液中で区別されている虫がいます。しかし、物事の見方を変えれば害虫だって益虫として活躍してくれます。
例えば、スズメバチは肉食の昆虫なので、害虫を食べて駆除をしてくれます。このように、物事の見方を変えると益虫として活躍してくれる虫は多いのです。