cut

新着NEWS

2014/09/05
伐採に使う器具を更新。
2014/09/05
悪徳業者に要注意 を更新。
2014/09/05
林業について を更新。
2014/09/04
より良い木に、間伐 を更新。
2013/01/01
植え付け を更新。
2013/01/01
草刈り を更新。
2013/01/01
庭木の剪定 を更新。
2013/01/01
業者に頼むメリット を更新。
2013/01/01
伐採の必要性 を更新。
2013/01/01
木に住み着く虫 を更新。
2013/01/01
腐葉土の作り方 を更新。
2013/01/01
木を切る季節 を更新。
2013/01/01
自分の力で伐採を を更新。
メインビジュアル

より良い木に、間伐

ここでは、伐採することによる環境保護「間伐」について紹介していきます。

よく、ニュースなどで聞くのが、伐採しすぎた結果、地面が弱くなり、土砂崩れが起きてしまった。というニュースです。実はこれは、まったく伐採をしなくても起こりうる事態であり、場合によってはさらに被害が悪化する可能性が高くなるのです。
別項目でも説明しましたが、木というのは、生きている限り成長するものです。成長しすぎた結果、余計な枝葉が増えてしまい、それが日光や風通しを阻害してしまいます。
それが一本や二本ならば、その影響は微々たるものですが、野山などには数えきれないほど無数の木があります。その場合、お互いがお互いを邪魔してしまい、日光がまったく届かなくなり、木の成長は著しく遅くなり、木が弱まってしまいます。

そうなるとどうなるか、木だけではなく木の下にある草木も育たなくなるので、土地はやせ細り、地表がもろくなってしまいます。当然、地面がもろくなると木の根っこも抜けやすくなってしまい、土砂災害が起きた場合、木はあっさりと抜け落ち、土砂崩れに加え、大量の木も一緒に流れ落ちてくるのです。
そうなると、被害はさらに甚大になり、大惨事になってしまいます。

そうならないため、間伐といい、伐採を行います。余分な気を間引きすることで環境を整え、木の成長を育て、山そのものも育てるのです。